Koibumi

Koibumi の特徴

Koibumiは「つたわる」「つながる」モットーに開発されたITミートアップ・カンファレンス向けフィードバックシステムです。

一度送りきって終わりではなく、ソーシャルメディアやフィードバックスレッドを活用した、双方向のコミュニケーション体験をイベントに提供します。

イベント運営者

1. イベントを作成

まずは Koibumi 上でイベントを作成しましょう。

自身で作成するほか、connpassからデータをインポートすることもできます。

2. セッション情報の登録

イベントの管理ページから、セッション情報を登録しましょう。

セッション情報を登録し、登壇者にも Koibumi アカウントを作成いただきます。

アカウント登録までの間は、 @TBDを使うと仮で埋めることができます。

3. フィードバックを集める

イベント本編が始まったら、フィードバックを集めましょう。

オフラインイベントではパンフレットに QR コードを併記、オンラインイベントはソーシャルで。

OGP も表示されるため、回答を促す仕組みが詰まっています。

4. 登壇者への返信依頼

最後に、登壇者にフィードバックへの返信を依頼してみましょう。

懇親会も少ない昨今、聴講者との交流の機会として活用してもらうことができます。

イベント参加者

1. イベントに参加

気になるイベントに参加しましょう。

Koibumi が利用されているイベントは、イベント一覧や組織ページから探すことができます。

2. フィードバックを送る

セッションにフィードバックを送ってみましょう。

イベント全体ではなくセッション単位でフィードバックが送信でき、匿名・記名を選択した上で何度も書き直しできます。

忘れがちなフィードバックも、思い立ったらすぐに届けることができます。

3. 議論を深める

フィードバックには登壇者から返信がつくことがあります。

返信があったらWebサイト内の通知マーク・またはプッシュ通知でお知らせ。

質問の回答などで議論が生まれた場合、当人同士で学びを深められます。

4. 学びをシェアする

フィードバックを公開状態にすると、誰でも閲覧できる URL が発行されます。

議論が学びになると思ったら、積極的に Twitter などでシェアしてみましょう。

Koibumi

    • Language
    • 🇺🇸 English
      • › 日本語
      • › English
    © 2020 ElevenBack LLC.