Koibumi

トークページへ

『Looker事例講演「運用してわかったLookerの本質的メリット」』
@abe-masatoshi
へのフィードバック

  • Anonymous
    @XJPfQCXeySWM3YUeW68xN24dYJp1
    2021/06/02 12:55
    Tableauユーザです。パフォーマンスチューニングのため、BIツールの関数やモデルではなくデータマートのスキーマを変更することがよくあるのですが、影響範囲が大きすぎて疲弊しがちです。Lookerならそのあたりのマートのスキーマ変更にも対応可能なのでしょうか…?
  • 阿部 昌利
    2021/06/03 06:24
    ご質問ありがとうございます1

    はい、データマート(読み込むテーブル)のスキーマに相当する概念として、モデリング層ではdimensionという概念が各viewファイルごとにあります。
    https://docs.looker.com/ja/reference/field-reference/dimension-type-reference

    そこで読み込むテーブルのスキーマ変更には対応できます。最初にSELECTする時に任意のSQL関数で常に共通の処理をかけるようなイメージです。その方策で、ご質問のケースに対応しきれるかどうかはちょっと判断しきれませんが、一旦以上にてお答えさせて頂きます。
    @abe-masatoshi

このスレッドへとコメントする

Koibumi

    • Language
    • 🇺🇸 English
      • › 日本語
      • › English
    © 2020 ElevenBack LLC.