Koibumi

jostandard (@jostandard)

No biography provided.

Activity

『基調講演「Amazon Redshift の進化の歴史とこれから」』 のフィードバックへ回答しました。 2021/04/06 12:40:47
jostandard's icon
Data Sharing for Data Lake についてはまだローンチ前の構想になるため回答は差し控えさせてください。
Redshift ML に関してですが、Transform も含めて含めることは可能で、ある程度の変換には対応できると思います。
以下のCREATE MODEL構文のPREPROCESSの箇所をご参考ください。
https://docs.aws.amazon.com/redshift/latest/dg/r_CREATE_MODEL.html#r_user_guidance_create_model
『基調講演「Amazon Redshift の進化の歴史とこれから」』 のフィードバックへ回答しました。 2021/04/06 12:36:55
jostandard's icon
テーブル物理設計に関しては自動パフォーマンスチューニング機能によってほとんどのケースに対応できるようになっています。手動で設計していく場合に気をつけるポイントとしては以下にまとまっていますが、一番性能に効きやすいのがソートキーと分散キーであることが多いです。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/redshift/latest/dg/c_designing-tables-best-practices.html

Participating events

Koibumi

    • Language
    • 🇺🇸 English
      • › 日本語
      • › English
    © 2020 ElevenBack LLC.